叩いて食べて踊って楽しんだ!

7月24日(土)
保育園で納涼祭が催されました。

ちなみに・・・

保護者会主催なので、担当者は毎年大変です。
斯く言う私も、一昨年の納涼祭主担当役員でした。
当時は、ほぼフルで働いていた時なので、本当に大変で
毎日、夜中まで作業をしていた事を思い出します。
きちんとした引き継ぎ書がなく、少ない資料と
先輩ママさんや先生に確認しながらの作業が、とても面倒でした。
なので、もっと担当者の負担を減らすべく、役員会で提案し
色々改善しながら、開催中に問題があった点などを含めて
納涼祭でのNG集なども作りあげ
次年度の担当者さんに引き継ぎました。

それでも、担当者の負担というのは大きく
準備から終了まで気が抜けません。
自分はもちろん、子供も犠牲になります。

働くママさんにとって、保育園での行事は楽しむものであって
負担になってはいけないのです。
もっともっと、改善が必要な行事のひとつです。


納涼祭のオープニングは、毎年、一番年長の子供たちの
太鼓で始まります。
先日の練習風景では
まだ少し、覚えきれていない様子の子供たちでしたが
本番の今日は、皆大きな声も出ていたし
太鼓もとっても上手に叩けていました。

c0211322_126596.jpgc0211322_1264726.jpg
身につけているTシャツは
子供たちが自分で染めて
作ったものです。




c0211322_1272831.jpg
とても満足のようです。



途中、きつめの雨が降ってきて、心配しましたが
雨もすぐに止み、おかげで暑すぎる事もなく
模擬店でおいしいものを食べて
ぽんちゃらりん音頭を踊って
フィナーレの花火まで、しっかり観賞し
保育園最後の納涼祭を楽しんで帰ってきました。

後片付けをしている時
園長先生が、スイカと飲み物を振る舞ってくださったのが
これまたとてもおいしくて、そして嬉しかった♪

そうそう
c0211322_12144779.jpg
子供たちが描いた、自分の顔
左から2番目の絵がリーダーです。


リーダーには自分が、こんな風に見えてるのですね。。。
左のお友達の、お口が緑で目が赤いのも、とっても気になりますけど
これは、将来キムタクみたいなお顔になると想定される子の絵です。
けど、このお友達はリーダーみたいな顔が好きで
リーダーの顔になりたいんですって。
平成顔の子だから、昭和顔のリーダーに憧れるのかしら・・・?


******************************
毎日暑いですね。
(来年は花粉が多そうだ(TT))
私は、夏でも食欲が減る事はありませんが(笑)
さっぱりとしたものを食べたくなりませんか?

玉ねぎは、血液をサラサラにしてくれる効果があるとか。
玉ねぎは大好きですが、生の玉ねぎがどうも苦手です。
ニンニクもそうですが、いつまでたっても臭い匂いがまとわりついて
どうしても好きになれないのです。
でも、少しレンジでチンすると、そんな問題も解消!

c0211322_12321191.jpg


玉ねぎは水でさらすのではなく、スライスした後
15分程放置するほうがいいそうですね。
そうするとピリピリ感がなくなるようです。

紫玉ねぎ (レンジにかけました。)
ささみ (お酒をふり、ラップに包んでレンジにかけました。)
わかめ

ここに鰹節とポン酢をかけて和えます。
酢がかかると、紫玉ねぎは綺麗なピンクに変色します。
さっぱりしてて、いくらでも食べられます♪

生の玉ねぎが大丈夫な方は、どうぞ生でご賞味くださいね♪

[PR]